子供の腋臭症対策「中学生」

Home / 子供の腋臭症対策「中学生」

子供の腋臭症(ワキガ)対策

中学生の腋臭症(ワキガ)

中学生の場合、自分自身でしっかりと対策を行なうことが可能なのではないでしょうか。
周りの人にも気を配りながらの臭い対策を行なうことができるでしょう。
体育の時間や部活で運動を行なう場合など、汗を多くかきやすい場合、ワキガの臭いを強めてしまうことがあります。こまめに臭い対策を行なう必要があるでしょう。
制汗剤を使用するという方法がありますが、学校への持ち込みが禁止されていることがあります。

スプレータイプのように音がするものや香りの強いものなどは周囲に気づかれてしまう可能性もあります。
フローラルの香り・石鹸の香りなどの香りつきのものは避け、無臭タイプのものを選ぶと良いでしょう。トイレなどでも使用しやすいクリームタイプジェルタイプなどがオススメです。

もしも、制汗剤を持ち込むことを学校で禁止されている場合、子供さんがコソコソと持ち込まなくても良いように親御さんが担任の先生などと相談されてみてはいかがでしょうか。
思春期の頃から臭いが発生することが多くありますが、小学生~中学生の頃には臭いに気づいている子供も多くいます。
ワキガで悩んでいることを話してくれる子は少ないでしょうから親御さんが気づいてあげられるのが一番良いでしょう。

ワキガの臭いを予防するために必要なケア用品を購入するためには費用がかかります。
ドラッグストアなどで¥1000ほどで購入することができるものが多くありますからお小遣いとしてそっと渡してあげると良いのではないでしょうか。

中学生の子供さんとなると金銭面だけではなく精神面も心配ですよね。
自分から話をしてくれると良いのですが、自分から話をしてくれた場合や親御さんから話をできる場合は一緒にワキガについて考えてあげられると良いと思います。
ワキガの悩みを聞いてあげたり対策をしてあげられるので親御さんが一番良いのです。なかなか友達同士で相談し合うということはないでしょう。

page top