腋臭の嫌な臭いが服についたら…

Home / 腋臭の嫌な臭いが服についたら…

に腋臭の臭いがついてしまって洗濯しても臭いが残ったままになっているということがよくあります。
ワキの部分だけ手洗いでゴシゴシと臭いを落とすように洗っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
服についてしまったワキガの臭いはなかなか落ちないものですよね。クリーニングに出しても臭いが完全には取り除けていなかったということもあります。
どのように予防・改善を行なって行けば良いのでしょうか。

服についた腋臭(ワキガ)の臭いは雑菌が原因!

服によって臭いが残っているものと残っていないものとあるのではありませんか?そもそも汗には臭いはありません。
アポクリン汗腺から分泌される汗に皮脂腺からの分泌物と雑菌が混ざり合うことでワキガの臭いを発生させてしまうんです。
服に強く臭いが残ってしまっている場合、その服に雑菌が多く付着していた可能性が考えられます。
ワキガの臭いで悩んでいる方は、清潔な服を身に着けることも臭いの軽減に繋げることができます。

臭いの原因となっている雑菌を熱湯で殺菌する方法

熱湯に服を入れて殺菌することで臭いを取り除くことができる可能性があります。
服の素材によっては、熱湯に入れることで傷んでしまうこともありますので注意して行ないましょう。
臭いが気になるワキの部分にだけ熱湯をかけるなどし殺菌するという方法もあります。

ぬるいお湯に重曹を入れ、服を浸け置きする方法

アポクリン汗腺から分泌される汗には臭いはないものの皮脂腺から分泌されるタンパク質や糖質と雑菌などが混ざり合うことで臭いを発生させます。
そこで、この臭いの原因であるタンパク質を分解することのできる重曹を利用して臭いを取り除きます。
服が傷んでしまわないようにぬるいお湯に重曹を入れ、服を浸け置きします。
その後、普段と同じように洗濯機で洗うことで臭いを取り除くことができる可能性があります。

服に臭いがついてしまう前に対策を!

雑菌が臭いを発生させてしまう原因となるため、常にワキを清潔に保つ必要があります。
抗菌作用のある制汗剤などで臭いを予防しておくことも服に臭いをつけない方法です。

page top