腋臭症の原因とは何なのか?

Home / 腋臭症の原因とは何なのか?

腋臭症(ワキガ)は、アポクリン汗腺エクリン汗腺から分泌されている汗に皮脂腺から分泌されている分泌物と雑菌が混ざり合うことによって臭いが発生するというものです。
汗そのものに臭いがあるわけではないのですが、皮脂腺からの分泌物と雑菌が混ざり合ってしまうことでワキガ独特の臭いを発生させてしまうんです。
ワキガかな?という臭いが発生し始めるのは思春期を迎えた頃に多く見られます。
遺伝によるワキガもありますし、性ホルモンの影響によってワキガになる場合もあります。思春期を迎えた頃から皮脂腺の活動が活発化することによって臭いが強くなるのです。

よく、ワキガと多汗症を一緒に考えている方がいらっしゃいますがワキガと多汗症は全くの別物です。
多汗症の方は汗の量が多いから臭いのもとになっていると考えられているようですが、多汗症だからといってワキガになるということはありません。
多汗症の方の中にワキガの方がいらっしゃることはあります。
多汗症とワキガを併発してしまう方も多く、同時に治療を行ってくれる医療機関やクリニックもあります。

腋臭症(ワキガ)の主な原因

腋臭症(ワキガ)の臭いの大きな原因となっているのがアポクリン線から分泌される汗です。
汗そのものには臭いはありません。アポクリン線から分泌されている汗に含まれている脂質・タンパク質・糖質・アンモニアなどの成分に皮脂腺からの分泌物や雑菌が混ざり合うことで臭いを発生させています。
日本人の10%ほどがワキガであるとされているのですが遺伝でワキガになってしまう方が多いようです。

家族にワキガの方がいる場合、遺伝する可能性があるということです。
服に黄色いシミがつきやすいという方や汗がベタベタするという方は注意が必要です。
アポクリン線からの汗はベタベタしやすく汗ジミになりやすいのが特徴です。ワキガの方の場合、清潔にするということが臭いを抑える一番の対策法なのではないでしょうか。
汗そのものには臭いはないわけで、雑菌などが汗に混ざり合うことが原因で臭いを発生させます。
清潔な服を着る、汗をかいたらこまめに拭く殺菌作用のある制汗剤を使用するなどがオススメです。

page top