腋臭症の治療:イナバ式皮下組織削除法

Home / 腋臭症の治療:イナバ式皮下組織削除法

腋臭症(ワキガ)の治療方法にはたくさんの手術方法がありますが「イナバ式皮下組織削除法」についてご紹介します。
あまり聞きなれないワキガの治療方法、イナバ式皮下組織削除法とは、どのようなワキガの治療方法なのでしょうか。
イナバ式皮下組織削除法は、皮膚にとても小さな切れ目を入れその切れ目の部分から特殊な器具を差し込んで皮膚の下にある組織を削り取るというワキガの治療のための手術方法です。

イナバ式皮下組織削除法で最も特徴的なのが手術に使用される器具です。
パッと見た感じはハサミのように見えるのですがハサミでいう刃の部分には、ローラーと刃がついています。
刃は、皮膚の下にある組織を削り取るためのものでローラーは、皮膚を押さえつけるためのものです。
イナバ式皮下組織削除法で使用される器具はハサミのような形をしているわけなのですがハサミで挟む強さ(力)を一定に保つことによって、皮膚の裏側にある組織まで均一にしっかりと取り除くことができるんです。
そうすることでワキガが完治する可能性もとても高くなりますし臭いの軽減率もグッと上がるわけです。

このイナバ式皮下組織削除法というワキガの治療のための手術方法は、世界中の医師たちも注目しておりイナバ式皮下組織削除法を作り出した「稲葉益巳医学博士」という方手術の様子を見たいという医師がとても多いようです。
とても革新的な手術方法だと言われています。

手術後のケアについてなのですが、従来の手術方法であればタイオーバーという圧力方法で剥離して皮膚を治していたのですがイナバ式皮下組織削除法では、ダブルタイオーバーという圧力方法が使用されています。
ダブルタイオーバーという圧力方法で10日間ほど圧迫するのですが剥離した皮膚を治すことが楽になるだけではなく、内出血が起こってしまうことや皮膚が壊死してしまうことを防ぐこともできるんです。
イナバ式皮下組織削除法でのワキガ治療なら入院も3日間ほどで済みますし、手術後のケアも通院しながら行なうことができます。

page top