エクリン汗腺・アポクリン汗腺・皮脂腺

Home / エクリン汗腺・アポクリン汗腺・皮脂腺

ワキの下には、エクリン汗腺アポクリン汗腺という汗を分泌している汗腺があります。
このエクリン汗腺とアポクリン汗腺から分泌されている汗に皮脂腺からの分泌物雑菌が混ざり合うことによってワキガ独特の臭いを発生させます。

エクリン汗腺とは

エクリン汗腺はワキの下だけではなく、ほぼ全身に分布されている汗腺です。
全身に約230万本ものエクリン汗腺があるとされており、カラダの中に溜まってしまった熱を放出するための重要な役割りを持っている汗腺です。

アポクリン汗腺とは

アポクリン汗腺は、毛穴に開口するようにして在ります。
脂肪・アンモニア・色素・鉄分・蛍光物質などから成り立っている乳白色の分泌物を分泌します。
これらの分泌物が原因によって、服に汗ジミが出来ることがあります。
アポクリン汗腺は、ワキの下以外にもへそ周り・乳首周り・陰部・耳の内部などにも在ります。

皮脂腺とは

ワキガの臭いを発生させる原因として覚えておいて欲しいのが皮脂腺です。
皮脂腺はアポクリン汗腺と同じように毛穴に開口するようにして在ります。皮脂腺は、脂肪分である皮脂を分泌しています。
汗に皮脂や雑菌が混ざり合うことによってワキガ独特の臭いを発生させます。

ワキガの臭いの原因となる皮脂の分泌を抑える方法

私たち人間には体臭と呼ばれている臭いがありますが、体臭とワキガは全く違うものです。
誰にでもある体臭と違って、ワキガは誰にでもあるわけではありません。
ワキガの原因となってしまう分泌物である皮脂や雑菌に注意しなければなりません。
ワキガの臭いがキツイ方の中には、食生活が原因となっていることも多くあります。

高カロリーな食事、高脂肪な食べ物、肉類や乳製品などに注意が必要です。
肉類や乳製品は高カロリーで動物性の脂肪が多く含まれています。

バターやチーズなどは脂肪酸や中性脂肪が多く含まれています。
これらの脂肪分がアポクリン汗腺や皮脂腺を刺激してしまい、ワキガの臭いを発生させてしまうのです。

page top