腋臭症の薬:外用薬と内服薬

Home / 腋臭症の薬:外用薬と内服薬

腋臭症(ワキガ)の臭いを治療する方法は手術だけではありません。
内服薬外用薬が用いられることもあります。
多汗症やワキガの治療に有効的だと言われている外用薬と内服薬をご紹介します。

内服薬

多汗症やワキガの治療に内服薬が用いられることがあるのですが、内服薬での治療もとても効果的であるとされており、心療内科や外科などで医師の診断のもと、処方されている内服薬です。
多汗症やワキガの治療に用いられている内服薬には、抗コリン製剤向精神約などが処方されているのですが、それらの内服薬は、交感神経の働きを抑制する効果が期待されているもので自律神経調整剤は、自律神経を正常化させたり調整する作用があるものです。

多汗症やワキガの治療に用いられている内服薬にはプロバンサイン(抗コリン剤)マイナートランキライザー(抗不安薬)トフィソバム(自律神経調整剤)などがあります。
しかし、治療に用いられている、医師が処方している内服薬とは言っても、やはり薬は薬ですから、副作用が引き起こされてしまう可能性は否定することができません。
胃腸に障害が引き起こされてしまったり、便秘になってしまったり、排尿障害喉の渇きなどの副作用が引き起こされる可能性があることを理解した上で服用する必要があります。

外用薬

多汗症やワキガの治療に用いられている外用薬には、塩化アルミニウム液外用薬というものがあります。
セルフケアとして使用されている塗り薬です。
皮膚科や美容外科などで医師の診断のもと、処方されている外用薬です。
多汗症やワキガの治療に用いられている外用薬として多く使用されているのが塩化アルミニウム液外用薬なのですが塩化アルミニウムという成分には、皮膚を引き締めることのできる収れん作用というものがあり、その作用によって汗腺を塞ぎ、制汗効果を期待することができるというものです。
多汗症の治療に多く使用されている水溶液で、ワキガの治療にも有効的だとして多く使用されています。

page top