殺菌効果で臭いを抑える方法

Home / 殺菌効果で臭いを抑える方法

腋臭症(ワキガ)の臭い対策として「殺菌」という方法がありますが、ワキガの臭いの強度によって、殺菌方法を変えることでより効果を得ることができます。
ワキガではないという方でもワキの臭いケアをしますよね。
とくに夏は汗をたくさんかきますし、ワキガや多汗症でない方でもワキにたくさんの汗をかきます。
汗染みや臭いを予防するためにデオドラント剤を使用するのです。ワキガではない方であれば拭き取りタイプのデオドラント剤で十分に臭いを予防することができるのですが、ワキガの方の場合は、臭い対策としては少し頼りないですよね。

ワキガの臭いが軽度の方や中程度の方であれば、拭き取りタイプのデオドラント剤やスプレータイプのデオドラント剤で十分に予防することができると思います。
拭き取りタイプやスプレータイプであれば、ドラッグストアなどで種類も豊富に販売されていますから気軽に買うことができます。
もし、拭き取りタイプやスプレータイプを選ぶのであれば「無香料」のものをオススメします。

デオドラント剤には拭き取りタイプやスプレータイプ以外にも、ロールオンタイプやクリームタイプ、ジェルタイプなどがありますが、どのタイプのデオドラント剤を選ぶ場合にも「無香料」のものを選んで欲しいのです。
香りでワキガの臭いを誤魔化してしまってはしっかり対策ができているとは言えないからです。
また、ワキガの臭いが重度な方の場合、ワキガに臭いとデオドラント剤の臭いが混ざり合い、さらにキツイ臭いになってしまう可能性がとても高いのです。
香りではなく「殺菌効果」に優れたものを選ぶことでしっかりと予防することができます。

ワキガの臭いを発生させる原因は、雑菌や細菌にありますから、雑菌や細菌をしっかりと除菌することや防菌することができる成分を配合しているものを選びます。
代表的な成分としては、茶カテキン柿渋エキスミョウバンなどがあります。
通販限定で販売されているデオドラント剤の中には、独自に開発した殺菌成分を配合したものもあり、消臭効果・殺菌効果・持続性や即効性に優れたものが多く販売されています。

page top