腋臭症の治療:剪除法

Home / 腋臭症の治療:剪除法

腋臭症(ワキガ)の治療に用いられている手術法には「剪除法」という手術法があるのですがこれは、たくさんあるワキガの治療に用いられている手術法の中でも最も確実にワキガを治療することができる手術法だとされているものです。

ワキのシワに沿わせるようにして1ヶ所にだけ数cm切開します。
臭いの原因となってしまっているアポクリン汗腺を取り除くためです。
専門の医師がしっかりと直接目で確認しながらの手術となるため手術にかかる時間は長めなのですが、ワキガの治療法としては、確実な効果を得ることができるものですし、ワキガの臭いが再発してしまうようなこともないとされています。

ワキガの臭いに深く関係しているのがアポクリン汗腺なのですが、多汗症に深く関係しているエクリン汗腺や皮脂腺を取り除くための手術を行なっているクリニックなどもありアポクリン汗腺のみを取り除く手術よりも、エクリン汗腺や皮脂腺も一緒に取り除く手術の方がさらに効果的だとも言われています。

「剪除法」という手術は、確実な治療効果が認められている治療方法なので、健康保険を利用することができますし、健康保険を利用することで数万円(¥20000前後)の費用で手術を受けることが可能です。
全額を自己負担するとなると¥300000ほどの費用が必要になってしまいますので、ぜひ健康保険を利用しましょう。

手術でのワキガ治療方法には剪除法以外にも「超音波吸引法」という手術法があるのですが「カレーニュ」と呼ばれている細い管を使用し、ワキガの臭いの原因となってしまっているアポクリン汗腺を吸い取るという手術法です。
とっても細い管が使用されていますので手術跡などが残る心配は全くない手術法なのですが再発する確立がとても高いとされており、保険適用外の手術法なので高額な費用が必要になります。

ワキガの治療方法には、たくさんの手術法がありますが、ワキガを確実に治療することができ、手術費用も保険が適用される「剪除法」によって完治させることが最も良いワキガ治療方法だということです。

page top