腋臭症対策:食生活の改善

Home / 腋臭症対策:食生活の改善

食生活を改善することで
腋臭症(ワキガ)の臭い対策を行なうことができます。

ワキガの臭いが強まる原因のひとつには、乳製品肉類を中心とした食生活を送っているというものがあります。
動物性の脂肪分やタンパク質がワキガの臭いを強めてしまっていることが考えられているのです。
乳製品や肉類には動物性の脂肪分やタンパク質がとても多く含まれていますし汗を分泌しているアポクリン汗腺を動物性の脂肪分やタンパク質が刺激してしまい刺激されてしまったアポクリン汗腺からはたくさんの汗が噴出すように分泌されます。

汗そのものには臭いはありませんが、刺激されたアポクリン汗腺から分泌された汗と皮膚に存在している常在菌が混ざり合うことによってワキガ独特のキツイ臭いを発するようになってしまうんです。

最近ワキガの臭いが強くなったな、ワキガの臭いを抑えたいな、という方は乳製品や肉類を摂りすぎないようにし、動物性の脂肪分やタンパク質を控えた食生活を心がけるようすることでワキガの臭いを軽減させることが可能です。
動物性の脂肪分やタンパク質を控えた食生活へと改善する以外にもビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノール・βカロチンなどの成分を含んだ食材や食事を摂ることでワキガの臭い対策に効果的であるとされています。
ビタミンAには、皮膚の新陳代謝をアップさせ代謝を促進させる効果や抵抗力を高める効果によってワキに常在している常在菌の繁殖を防ぐことができる働きがあります。

ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノール・βカロチンには抗酸化作用という効果があり、ワキガなどの臭いの原因となってしまう過酸化脂質を防ぐことができる働きがあります。
ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノール・βカロチンを多く含んでいる穀物・魚・野菜を中心とした食生活を心がけると良いでしょう。
日本人には、ワキガである人はとても少ないと言われていました。しかし、最近では日本人にもワキガの臭いで悩んでいる方がとても増えてきています。

ワキガの臭いと言っても、その臭いが軽い方もいれば強烈な方もいますし、しっかりと対策している方もいれば、自分自身では全くワキガの臭いに気づいていないという方もいます。
日本人にワキガの臭いで悩む方が増えてしまった一番の原因は「食生活の欧米化」なんです。

page top