子供の腋臭症対策「小学生」

Home / 子供の腋臭症対策「小学生」

子供の腋臭症(ワキガ)対策

小学生の腋臭症(ワキガ)

小学生の場合、ワキガが何であるかを知らない子も多いでしょう。
自分の臭いに全く気づいていない場合も多くありますし、自覚がないのが特徴です。
ワキガの臭いが周囲にも気づかれるほどの臭いである場合、学校などで友達から臭いについて何か言われてしまうことも考えられます。
相手は子供ですから「くさい」などの傷ついてしまうような言葉で知らせてくる可能性があります。
もしも、自分の子供がワキガである場合には、本人に臭いの自覚が芽生えた頃からワキガというものが何であるかや臭いの対策法などを教えてあげると良いのではないでしょうか。

ワキガの臭いはアポクリン汗腺から分泌される汗に皮脂腺からの分泌物や雑菌が混ざり合うことで発生します。
汗そのものには臭いはありません。皮脂腺からの分泌物を抑えたり雑菌が繁殖しないようにすることで臭いを予防・軽減することができます。
雑菌が繁殖しないように汗をかいたらワキの下を拭く、服を着替える、そして皮脂腺からの分泌物を押さえるために動物性油脂の多い食事を控えるなどの対策ができます。
子供のワキガは親から遺伝していることが多くあります。
もしかすると自分自身も子供と同じように臭いで悩んだ経験があるという方も多いのではないでしょうか。

同じ悩む気持ちになって接してあげることができれば、子供さんを傷つけることなく一緒に対策してあげることができるのではないでしょうか。
ワキガの治療方法には手術という方法もありますが、親がしてあげられる対策、子供が自分自身でできる対策もありますので小学生の場合、とくに低学年の子であれば自分自身で対策を行なうことが難しい場合もあります。
学校へ行く前に親御さんがしっかりと対策をしてあげましょう。

臭いを抑える・軽減させるためのアイテムが多く市販されています。
スプレータイプ・クリームタイプ・ジェルタイプなど種類も豊富にありますが、オススメなのは殺菌作用がしっかりとあるものです。
殺菌・消臭・制汗に優れたものを選ぶのがポイントです。

page top