腋臭症になりやすい体質と遺伝

Home / 腋臭症になりやすい体質と遺伝

腋臭症(ワキガ)になりやすい体質というのがあります

家族に腋臭症(ワキガ)の方がいる場合

ワキガはとても高い確率で遺伝します。
両親のどちらかがワキガである場合、もしくはどちらともワキガである場合には遺伝している可能性があります。
しかし、両親のどちらかがワキガである場合、もしくはどちらともワキガである場合でも全く遺伝することのない場合もあります。
ワキガは高い確率で遺伝するとされていますが100%の確立ではないということです。

耳垢が常に湿った状態である場合

ワキガの臭いの原因となる汗を分泌しているアポクリン汗腺は耳の内部にも存在しています。
耳垢が常に湿っている状態である場合、耳の内部にあるアポクリン汗腺の活動が活発的であるということです。
耳垢が常に湿っている場合、アポクリン汗腺の活動が活発であり、ワキガの可能性が高いと言えます。

服に汗ジミができやすい(ワキの下)

アポクリン汗腺から分泌されている汗と皮脂腺から分泌されている色素が混ざり合うことによってその分泌物が服に付着し、汗ジミとなります。
アポクリン汗腺や皮脂腺の活動が活発的である証拠で、ワキガの可能性が高いと言えます。

臭いに気づいた場合、もしくは臭いを指摘された場合

ワキガの方の中には自分のワキガの臭いに全く気づいていないということも多くあります。
もしも他人からワキガの臭いを指摘されるようなことがあった場合、ワキガである可能性はとても高いでしょう。
ワキガの臭いはとても独特なものですから気づきやすい臭いではあるのですが自分では気づけない方もいらっしゃるようです。

毛深い場合

ワキガの臭いの原因となる汗を分泌しているアポクリン汗腺ですが、アポクリン汗腺は体毛の毛根部に開口して存在しています。
つまり、毛深い方にはアポクリン汗腺が多く存在しているということです。
毛深いことが原因で雑菌が温床しやすいということも考えられます。
脱毛処理をするなど、より清潔を保つことが臭いの予防にも繋がります。

page top